読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またまた模様替え

住宅雑誌の取材でいろんなお宅を拝見してきて、毎回思うこと。

それは、部屋はテレビが主役になっているということ。

大型テレビの普及のおかげで、テレビが中心にデンと居座り、その前にカウチソファがしっかりテレビを向いている。
ほぼ例外なく、見事にテレビを中心とした配置になっているのだ。


うちもご多分にもれず…と言いたいところだけど、我が家のカウチはテレビに向いていない。
それぞれのマイソファがあるのだけど、わたしのソファがテレビの前ではなく、カラダを曲げるか寝転ばなければ見れなかった。

ふたりともテレビ番組はニュースくらいだけど、DVD、Dlife、Huluの海外ドラマか映画を常に観てるので(主にわたしが)、それがどうもストレスで、テレビを正しく観れる配置を常に考えていたけど、いいアイデアが浮かばない。

ある日、またまたわたしが寝る前に「どうしたらいいかなあ〜」とつぶやくと、模様替えには一切興味のない相方が、珍しくボソっと意見を言った。
「だからさあ、座敷(猫の額ほどの…)との間を開けて、そのソファを窓際に置けばいいんだよ」

は?
えーーっ⁉︎
それ、気づかんかったーー!

「なんでそんないいアイデア、早く言わないの!」と言うと、
「だってめんどくさいもん…」と相方。


はいはい…
そうでしょう、そうでしょう!
男子は変化きらいだし、特に相方は「起きて半畳、寝て一畳」の人ですから興味ないでしょうよ。

でもわたしはそれから眠れず…(°_°)

ああして、こうして…と延々脳内模様替え。

翌朝、相方を送り出すと早速、実行‼︎

ひとりでウンショ、ウンショと、ソファを抱え、机を抱え、テレビを動かし…
どうしてこんな馬力をもっと他に使えんのか!というくらいエネルギー全開!


f:id:Teresa:20160519135235j:image
部屋はしっちゃかめっちゃか!

何度が入れ替えながらも…

やっと、こんな風に収まりました(*^_^*)


f:id:Teresa:20160519135324j:image


その夜、帰宅した相方はひと言、

「やってると思ったんだ…」と苦笑い。

やっと快適にカウチでテレビ観れます♬