読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1週間のご無沙汰です。

お久しぶりです。

 

なかなか更新できなかったのにはワケがありまして…

 

実は、わたくし…

 

穴に落ちておりました。

はい、深〜い穴に…(・・;)

 

今日やっと穴から抜けだして光を見ました✨

ところ…

 

相方さんも12日ぶりに帰宅。

函館、東京出張を終えてやっと今日帰ってまいりました。

久しぶりの2人メシです♫

f:id:Teresa:20170421235535j:image

 

肉ばかり食べていたので野菜が食べたいというので、今夜はたっぷり野菜、キノコ、豆腐入りの豆乳鍋に。

f:id:Teresa:20170421235659j:image

 

帰ってきたばかりで会社に行き、明日の土曜日も出勤だそうで…

ほんとにお疲れ様です。

 

わたしもかなり疲れています。

穴というのは、もちろん原稿のことですけどね^^;

 

いやあ〜、今回は久々にハードル高かったです。

A410ページの冊子で全部合わせて5.000字くらいなんですが…

いや問題はその量ではなく、内容です。

めちゃめちゃプレッシャーでしたから。

 

と、いうのもこのブログで何度か書いていた、あのアートプロジェクトのお仕事です。

 

知人の女性プロデューサーからの依頼で、このプロジェクトが終わったあとの記録誌を作るお仕事。

記録誌と言ってもただの報告じゃつまらいから、「K子さん(わたし)にすべてお任せするからどんな切り口でもいいから、「読みもの」に仕上げてほしい。これは信頼するあなたにしか思いつく人がいないから」

というオファーだったわけで。

 

この「すべてお任せする」ってのが、クセモノでして…^^;

つまり丸投げってことでして(笑)

言われるまま、信頼するSデザイナーとTカメラマンを巻き込み、プロジェクトの記録を残すため昨年の1月から3月まで密着していたのですけどね。

 

以前もここに書いたとおり、

http://teresa.hatenablog.com/entry/2017/03/21/094802

ギョーカイの大御所お二人はギャラ以上の本気を出してくれるもので。 

アーティストたちもまったく同じ。

つまり、このプロジェクトの出演者全員がハンパなく私利私欲なく、嘘偽りなく、マジメで情熱を持ち、自分の仕事に臨んだわけで、その一人一人の記録とドラマを残すだけで1人に10ページ使ってしまいそうな勢いでして。

 

なにがハードル高かったかって、わたしはその最後の最後のアンカーなわけです。

プロデューサーはフェスタをやりおえ、アーティストは作品を作りおえ、カメラマンはギャラも出ないのに空撮までドローンで撮りに行って撮影し、S先生はレイアウトもデザインも作り終え、あとはわたしの文章が入るのを待つのみ。

 

わたしは、全員の素晴らし過ぎる人柄、仕事ぶり、その過程を見て、すでに感動ものだったわけで、これをしっかり伝えたいわけです。

作品づくりの潜む、彼らの真剣さ、想い入れ、孤独さ、達成感、などなどを「記録」に残すとなると…

はい、久々にじぶんでハードル上げました。

で、頭の中では出来上がっているつもりなのにイザ書こうとすると、想い入れが強すぎてなかなか書けないわけです。

 

で、逃げまくりました(笑)

 

友だちとご飯食べたり、花見したり、DVD大会したり、観劇行ったり…

〆切は迫って向かうもなかなか思うようにいかず、とうとう穴にもぐりこんでしまったのです。

(長いので続く 笑)