読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐぁんばる相方へ

今朝、暴風域に入っている大分でしたが、起きてみると、そよ風が吹いていました(笑)

外はうっすらと晴れて…

f:id:Teresa:20160905102415j:image

 

台風は無事に通過してくれたようです。

 

昨日、日曜日の午後、台風が来ないうちにと相方さんは早めに出張に出かけました。

f:id:Teresa:20160905094454j:image

 

今回は3日なので大きなリュックはナシです。お菓子はしっかり買ったようですが…^^;

 

相方はお盆にちょっと休みがあっただけで、それ以来休み無しで働いています。

家に帰ってごはん食べたら、バタンと気絶したように寝てしまいます。

 

そんな相方を見ていて、わたしは心配ばかり…

 

だけど、その心配をもう信頼に変えようと思います。

 

結婚当時は、ほんとに過酷な働き方でした。

毎日毎日、帰りは午前様。

休日も全くなし。

帰って横になってまたすぐに行く。表情もすごく辛そうで、一時期は転職を考えたこともありました。

わたしも現役でかなり忙しかったので、労ってあげられる余裕もなかった気がします(泣)

 

その頃に比べると、相方はかなり力が付いているように見えます。

彼から余裕を感じるのです。

以前は「仕事」に使われているようだったけど、いまは「仕事」をこなしているよう。

そのちがいは、自分が主なのです。

 

出張も残業も主体的で、自分のものにしているから、辛そうには見えません。

松下幸之助のいう「全員社長」を地でいってる感じ。

だから、どんなに遅くても「ただいま〜」と笑って帰ってくれます。

 

わたしの仕事は「帰りたい」と思ってくれる、安心な場を作ること。

それにはわたし自身が安定していないと場は作れません。

 

家で待つのは、

「おかえり〜」と笑いながら、手料理を作って(美味しいかは別として^^;)待つわたしであり、ときには家族のような友だちであり、ときにはどこかに食べに行こう!というお楽しみであったり…

そういうささやかな幸せの場と時間で、彼はエネルギーチャージし、また仕事に迎えるのだと思います。

 

なにより、産業の少ないこの地域で、地場産業ながら、独自の開発と製造と販売で地道に(ときには大胆に、失敗もしながらも^^;)頑張っている会社と、相方にはほんとうに感謝です✨

 

台風一過のきれいな朝に…

f:id:Teresa:20160905103655j:image

こんな素敵な文章を見つけました✨

 

 

 

朝の森を散歩することや

 

植物の世話をすること、

 

音楽を奏でることや

 

静かな環境で文章を綴ること、

 

珈琲を飲みながら読書をすることや

 

沈む夕日を眺めること、

 

ひとと話をすることや虫の声を聞きながら夜の空を眺めること、

 

静かな充足感を与えてくれる者達は、

 

どれもお金のかからないものだった。

 

             byよろこびを、光を、幸福をふるさとにしていきたい。 - いばや通信