読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法事準備

まことに申し訳ありませんが、風の家は今週の10日(金)、11日(土)、12日(日)の営業日をお休みにさせて頂きます。



風の家では入り口を入ったら、この写真に迎えられます。

わたしの両親です。


人好きで人が集うのが大好きだった父と、もてなし上手だった母。
この主たちを失った「家」に風を透し、命を吹き込みたいと始めたのが風の家でした。

今週末は、この両親の七回忌のためにお休みです。家は兄とその息子たちが帰郷しまた賑やかになるでしょう。


と、いうことで迎える側はけっこう忙しいんです。
なにしろ6年ぶりで帰ってくる甥っ子が今年結婚をし、嫁さんを連れてくるというのですから。
家や家周りを整えておかねばと、とりあえずシルバーさんにお願いして相方ができない裏山の崖を刈ってもらいました。


わたしは掃除や布団干しなど。



そして昨日は、この方に来て頂いた。


(師匠!エプロン似合い過ぎます 笑)



花の師匠、Mさんはショップ店長だけど今や花のお仕事で引っ張りだこ!
貴重なお休みなのに朝から来て花を活けてくださってほんとうにあるがたい。感謝です。


(花を刺すときは真剣なプロの表情!)




さすがです!




(菊を一列に配置。横からは扇形に見える技!)



そんな時、「W47」(http://www.walker47.jp/article/detail/2_201410081606511415)の地域編集長であるWさんが、「秋ドラ1コインカフェ」の撮影のために来てくださった。

Wさんはうちの常連客ですが、氏が現役時代に一緒にお仕事をしたこともあり、以前から豊後大野市のカフェの点を線で結びたいね、と話していた。
そしてWさんの発案で、期間限定で秋のドライブがてら豊後大野市に点在する7つのカフェを巡ってもらえたらと、それぞれのカフェに1コインでメニューを提供してもらう「秋ドラ1コインカフェ」を企画。
もちろん風の家も参加。
その撮影にきて頂いた。


風の家の1コインメニューは、ベーグルパン、クリームチーズ・ジャム添え&野菜スープ(またはドリンク)です。

各店の呼びかけや交渉、ネーミングやロゴ、テーブルに置くカードまで作ってくれたWさん。

こうゆうフットワークが軽い人がいると助かるなあ〜
いずれ、わたしがやりたかった地域のカフェだけでなく雑貨屋やモノ作りのアトリエなど面白いところを結ぶ情報誌をWさんと協力すればできそうな気がしている。
もちろんその時は、かの森に住むデザイナー先生も巻き込みたい(笑)。

そういえば、先日お客様から「風の家ものがたりの続編はまだできないんですか?」
と聞かれてギクリ!

今年は(わたしの誕生からの一年ということだけど…)ライター、編集業に勤しみたいと思います、ハイ!(自他ともに向けて宣言!)

なにはともあれ7回忌を無事に終えること。

両親の供養と感謝を込めて、がんばります。