読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「風の家」に草刈り助っ人登場!

なんとお盆以来、半年ぶりの風の家です。

 

なんせ相方さんの休みなし、出張続きの日々で、気づけば季節を2つくらい超えていました。

 

当然、夏、秋を超えた「風の家」は、ジャングル状態。

 

実は18日(日)に、メンバー限定のクリスマスご飯会が行われることになっているので、12月になってやっと出張がなくなった相方が、草刈りに行くことになっていました。

 

けど、半年ぶりのジャングルを1人で処理するのはとても無理、ましてや出張なくても、土日休みが取れそうもないので、業者に頼もうかと思っていたところ…

 

なんと❗️

 

またまた救いの神が現れたのです。

 

今回、自ら草刈りを買って出てくれたのは、兄の高校時代の後輩のSさん✨

 

以前、奥様とともにSさんは「風の家」に遊びにきてくれていたのですが、たまたま立ち寄った際に見た庭の惨状に、自分が刈りましょう!と言ってくださったのです。

 

Sさんは日曜日に来て下さるというので、まずは土曜日に「風の家」スタッフのK子ちゃんと、久々の家の中の片付けから。

 

半年ぶりに入った「風の家」のダイニング。

f:id:Teresa:20161213230814j:image

 

窓を開けて風を透し、埃をはたいたり、掃除をしたり、冬の設えをしたりしていると、静かに家に「氣」が通っていくのを感じます。

 

やっぱりこの家は、落ちつきます✨

f:id:Teresa:20161213231225j:image

 

f:id:Teresa:20161213231314j:image

 

お昼にパスタを作って、2人でランチ

f:id:Teresa:20161213231357j:image

 

f:id:Teresa:20161214000523j:image

 

そのあと、K子ちゃんは見兼ねて剪定を始めました(笑)

f:id:Teresa:20161213231451j:image

 

 

そして、翌日の日曜日。

かろうじてお休みが取れた相方さんと、朝早くからマンションを出発。

 

幸い、いいお天気そう☀️

f:id:Teresa:20161213231915j:image

 

 久しぶりだなあ〜と感慨深げな相方f:id:Teresa:20161213232030j:image

 

午前9時前になると、助っ人Sさんの到着❗️

 

Sさんは建設業者でインフラ整備のお仕事をしているので、測量も重機も動かせる上、自称「百姓育ち」なので、草刈りはもちろん、木のことや、植物のこと、土地のことなどには詳しい、バリバリのプロ!

 

もう相方も、ざっと庭を見てもらったあとは、お任せして作業を始めることに。

f:id:Teresa:20161213232607j:image

 

こんな状態から始めます。

f:id:Teresa:20161213225726j:image

 

f:id:Teresa:20161213232833j:image

 

草刈り機はもう一台をギャラリーのS先生から借りて2人で同時作業。

f:id:Teresa:20161213233000j:image

 

休憩のお茶の時間には、同じ現場で生きてきた同士として、さまざまな話題が出ます。

f:id:Teresa:20161213233523j:image

 

 このSさん、実はものすごく引き出しの多い人。

技術者であることはもちろん、空手の達人であり、思想家であり、今はJICAのシニアボランティアとして、アジアに行く夢を持って、そこに向かって猛勉強しているとのこと。

今は英語とアラビア語をマスターしているとか…(°_°)

さすが、兄の後輩だけあってハンパないです。

こんな人だから、話題がおもしろくないわけがない。

相方も人生の大先輩の話に、ぐんぐん引き込まれていきます。

 

とにかく「生きる力」を持っているので、たいていのことは何でもできる。

いつの間にか駐車場を作る話しが持ち上がり、Sさんが「あの土をここに持ってきて、そこの木を切って広げて…」と構想を伝えたあと、相方に「ユンボの使い方から、溶接から、俺が持ってる技術を全部教えるから一緒に作りましょう!」と、なにやらすごい話しがまとまっているではないですか。

いろんな技術覚えたいなあ、と相方も嬉しそう。

 

最後は剪定までしてくれて、

f:id:Teresa:20161213234600j:image

 

すっかり「風の家」の外周りは息を吹き返しました。

f:id:Teresa:20161213234714j:image

 

f:id:Teresa:20161213232741j:image

 

「裏山の通り道に真砂土を引き、上にベンチを置いて展望スポットを作りましょう、この「風の家」の空間はもっと遊べますよ」とSさんは、ワクワクするような構想を話してくれました。

f:id:Teresa:20161213234804j:image

 

f:id:Teresa:20161213234824j:image

 

「もう周辺と道具の場所も把握しましたので、これから定期的に来て草刈りしますよ。

いやあ、楽しい草刈りでした!」

と、片付けまで済ますと、清々しい笑顔を残して帰っていきました。

 

まさに、神ってるわ✨

 

どうやら、「風の家」は護られているようです。

木を切るときはプロ級のKさんたちが現れ、今回は頼もしいSさん。

Sさんは何度も「縁ですよ、縁が繋げているんです」とおっしゃってくださったけど、本当にこのご縁に感謝したい✨

 

今まで相方が仕事の合間に、1人で一生懸命作業して護ってくれたけど、ここに兄の縁で繋がれた人も加わって、助けてくれることになったのですから、ありがたい縁は繋がれてのだなあ〜と感じずにはいられません。

 

久しぶりに薪ストーブの心地よさに包まれて、もっと冬の「風の家」を楽しもうね、と相方と話しながら「風の家」を後にしました。

 

f:id:Teresa:20161213231249j:image