読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山師來たる

先週末、相方さんの仕事が終わり次第、久しぶりの夏の「風の家」へ。

 

朝7時。日曜の朝っぱらから、蝉の大合唱で起こされました。

 

うっとおしいほどの緑に覆われた「風の家」の朝。 

f:id:Teresa:20160726091219j:image

 

 

毎晩遅くまで働いて最近は土曜日出勤も多い相方さんが、日曜の朝は、明け方から起きてさっそくの大仕事です。

 

f:id:Teresa:20160726092443j:image

 

 

f:id:Teresa:20160726092508j:image

 朝から草と大格闘!

 

実はこの日は、山の助っ人、「山師」さんたちが来てくれることになっています。

 

山師は、いつもいつも「風の家」を応援してくれているお友だちのKさん。

はい、このブログにも何度も登場した、画伯であり、シェフでもある、あのKさんです。

 

実は昨年のこと。顔の広いKさんに、下の住民から裏山の木を切れと言われて悩んでいたわたしが、

「どなたかいい木こりさん知りませんかね〜」と相談したところ、なんと❗️

「僕が友だちと切ろうか?」と言うではありませんか。

 

ええーーっ?

Kさん、木こりまでやるのー?

 びっくり(°_°)

 

聞けば、お友だちのK氏と一緒に知人のお宅の木を切ったりしているのだそう。

 

それで来年になったらお友だちと見に来てくれると言っていたのが、雨も上がったので、と、ほんとうに下見に来てくださったのです!

 

木は、もう枝を落としてもすぐに伸びるので、下から伐採してもらうことに。

なら相方のいる日曜日に、と、お願いしたのです。

 

朝から、作業道具 を積んだ軽トラでT市から来て下った両氏。

f:id:Teresa:20160726092206j:image

 

 

工具も持参してくれたK氏は、もうプロです。

f:id:Teresa:20160726094028j:image

 

 

木を選びながら慎重に

f:id:Teresa:20160726093505j:image

 

 

まずはハシゴを運び、 

f:id:Teresa:20160726093601j:image

 

 

K氏が登って綱をかけます。見ているだけで怖ええ〜💦

 f:id:Teresa:20160726093713j:image

 

 

いよいよ、チェインソーで伐採

f:id:Teresa:20160726093822j:image

 

 

山の上でKさんが器具で引っ張る用意をしています。

f:id:Teresa:20160726093934j:image

 

 

徐々に倒れていく木々

 f:id:Teresa:20160726095950j:image

 

 た、倒れる〜!

f:id:Teresa:20160726100020j:image

 

 

 

その間、わたしはお昼の「風の家カレー」を作ります。

f:id:Teresa:20160726094452j:image

あとで友人も来るので大量に作ります。

 

 

セッティングも終えて 

f:id:Teresa:20160726094417j:image

 

 

「風の家」カレーと

f:id:Teresa:20160726094557j:image

 

 

 干し大根サラダできました。

f:id:Teresa:20160726094613j:image

 

 

お昼休憩の両氏。体力付けてもらいます。 

 f:id:Teresa:20160726094658j:image

 

 

相方さんの作業も終わり

f:id:Teresa:20160726094831j:image

 

きれいに草刈りました。

f:id:Teresa:20160726094848j:image

 

作業を終えた相方は、さすがに昼食後、ダウン!疲れのせいか、軽い熱中症か、かなりのバテ方。

 

相方も両氏にも休憩を取ってもらい、午後から再び作業です。

f:id:Teresa:20160726095241j:image

 

 

休憩を取っていた相方も重い体を起こし、作業に加わります。

f:id:Teresa:20160726095502j:image

 

オヤツはスイカで水分補給

f:id:Teresa:20160726095600j:image

 

 

そして、朝8時から夕方5時までの作業がやっと終わり、切った樫の木、11本!

f:id:Teresa:20160726102811j:image

 

 

ほんとうに、ほんとうにお疲れさま。K氏とKさんには、感謝でいっぱいです✨

f:id:Teresa:20160726100220j:image

 

 

 見事にバッサリ、明るくなりました。

f:id:Teresa:20160726100333j:image

 

 

景色丸見え

f:id:Teresa:20160726102523j:image

 

 

後ほど、榊とお酒で、裏山の祠にご挨拶しました。

f:id:Teresa:20160726100519j:image

 

 

感謝のお礼を言う私たちに、「これも縁ですから」と笑顔でおっしゃってくださったK氏とKさんは、掛け値なしのいい方で、気持ちのいい方。

おふたりは、本業の他に地球や宇宙や人の助けになるNPOを立ち上げて、本業以外の活動もしています。

 

f:id:Teresa:20160726103843j:image

(普段のお二人はこんな立派な紳士)

 

農家の生まれで、子どもの頃から畑や山に入っていたというK氏が、帰りに「困ったことがあったら、なんでも言ってください!」と言ってくださり、その頼もしさにもう百人力の力を得た気がしました。

 

こんなありがたいご縁を頂いたのも、「風の家」の古墳か、ご先祖様が引き寄せてくださったような気がします✨

 

それにしても、これからあの11本の木の玉切りと運搬を考えると倒れそうになります^^;

当分、その場で乾かさないと生木は重くで運べません。

相方が、もう欲しい人には全部あげたい!と早くも悲鳴(笑)

 

f:id:Teresa:20160726100154j:image

 (11本の樫の木を前に茫然自失の相方 笑)

 

今年の冬に向けて、樫の木、欲しい方はいつでもお持ち帰りください。

樫はゆっくり燃えますよ〜✨

ただし、運搬と玉切りはご自身でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏いい家は、いい家といわれるけど、