読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薪ストーブの効能


この冬、薪ストーブは大活躍だ。

ほんとうに薪ストーブにしてよかったと思う。

この冬初めてお目見得したかのように思われる薪ストーブだけど、実は一昨年に購入した際には、奥の部屋にあった。

その当時、奥の部屋はまだ作業場ではなく、わたしたちがくつろぐためのリビングだったので、せっかくの薪ストーブだから、まず自分たちが楽しみたいと(わたしがワガママをいい)、2013年の暮れに相方が夜遅くまでかかってエントツを設置してくれた。


やがて、リビングは作業場となり、わたしたちもそこでくつろぐことが、なくなったこともあり、手狭になったので、薪ストーブは客間に移動。

100キロのストーブを男3人掛かりで運び、相方がまた設置してくれた。


これが思わね効果を上げてくれたのだ。

まず、寒い外から部屋に入ってきたお客さんが、赤々と燃えている薪ストーブを見て歓声を上げる。

部屋は暖色系なので、なお暖かく感じるのだろう。


それにイメージだけではなく、あのストーブは対流式なので二部屋を十分温ためてくれる。
昨年、大量に買って使った灯油も今年はまだ、いちども買っていない。


先週行われた、夜のライブイベントでも、大好評!

薪ストーブの中での、あたたかい、アットホームなイベントとなった。



(千葉からギタリストKazと、ラーナことオクノユキのセッション)




(みなさん、天使の歌声に聴き入って…)



(薪がパチパチと燃える中で…)


この日は歌姫ラーナにサプライズケーキも登場❗️



(サプライズに感激して泣き出すラーナ)




こんなイベントもなく、お客さんが来ない時は、客間はプライベートなリビングとなり、薪ストーブを独り占めできる楽しみも♪

わたしはロッキングチェアー(あ、これ拾いものを、相方が修理した 笑)て、ゆらゆら揺れながら、音楽をききつ陽だまりの中てまったりする。


炎の揺らぎ、陽だまりの揺らぎ、風の揺らぎは、人工では決して出せないもので、それは人をとても心地よく、リラックスさせるものだという。

お客さまは、居心地良すぎて帰りたくないと、言う方が多いけど…
「風の家」は、自然と、そのリラックス効果が備わっていたということなんだなあ〜



ただし、

薪ストーブの心地よさは、この方の労働があってこそ!



(チェインソーの燃料切れでついにオノで木こりに)



(春までに細切りにして、薪小屋に入れないと腐ってしまいます)




(薪運び車が活躍!)




(来年用に積み上げて行きます)



「薪ストーブは本当にエコかあ?!」
と、この労働力を見れば相方がそう言うのも納得ですが…(^^;;


とにもかくにも、感謝です。