読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選挙終わって…

選挙前のこと。

つい先日訪れた友人Eが、つぶやいた。 

「わたし、選挙、もういいかなあ〜」

驚いたわたしは、あわてて

「なんで⁈ 行かなきゃダメだよ!当日だめなら、期日前だってあるよ!」

 

 すると彼女、「だって、どこに入れていいかわかんないもん…」

 

「じゃ、どこでもいいからとにかく野党に入れな!」とわたし。

 

「えーーっ、入れるなら自民でしょ。野党に何かできるとは思えないし…」

「ちょっ、もし、あんたの可愛い息子が、戦争に取られたらどうすんのよ!」

「そこまで行かないわよ〜」

「………」

 

わたしの周りは、原発反対、改憲反対という、熱い人々が多く、中には個人や仲間たちと、しんけんに活動をしている知人もいる。

だから、こういう意見を聞いてマジに驚いてしまった。

 

だけど、考えれば、もしかして、こういう意見が大半なのかもしれないなあーと、認識を新たにしていたのだけど…

 

案の定、選挙の結果は、自民・公明の圧勝。

 

つまり、わたしの周りがごくごく少数派だったわけだ。

 

以前、国会議事堂前で憲法9条を守れ!とデモしていたすごい数(と、思っていた)の人たちも日本国内から見れば、ほんのごく一部なのだろう。

 

そういえば、あのデモの時、官房長官が記者会見でデモの感想を問われて、

「安保のデモの時は、もっと多かった、こんなもんじゃありませんでしたよ」

すまして回答していたけど、そういうことだよね。

あんな数じゃビクともしないことを知っているから、相手にもしないのだろう。

あの、学生運動の「安保反対」だって日本中を揺るがしたかのように見えたけど、結局何も変わらず、前に進んで行ったし…

あの当時の熱い学生たちは、いま何処に?(笑)

 

そして、今回の選挙の結果がイコール民意とばかり、与党は大張り切りで、首相は国民に肯定されたとばかり、経済対策も、改憲へも急ぎそうだ。

 

近隣諸外国のメディアは、「これで日本は戦争に一歩近づいた」「改憲の準備は整った」と大袈裟に書き立てているし……

 

いやいや、諸外国ばかりではない。

国内もSNS内では、これから日本はどうなっていくのか?という絶望するような、不安を煽るような投稿が多いし…

 

 

 いろんな情報やさまざまな思いの中で、ついつい揺れそうになるけど、こんなときこそ…ブレないことだ。

 

ブレない軸は、今まで通りのじぶんの日常を送ることだと思う。

  

悪いことや、悲観することばかりの先を考え「今」を台無しにすることだけはやめようと思う。

 

目の前の日常を送りながら、全体を見て、中庸でいること、そしてなにより、じぶんでいることだと思う。

 

まずは、朝からのお弁当つくり。

洗濯をしたあと、旅から帰る友だちを迎えに行き、スーパーで買い物をする。

今週の取材のための連絡を取ったら、ブログに向かう。

 

これから始まる仕事、届いたばかりの本、来月の女子旅、こんなささやかな幸せを大切をしよう。

 

この贅沢な日常が壊されることがないように願いながら、目と耳とこころをしっかり澄ましていこうと思う。

 

 

日常のお弁当です ^^

f:id:Teresa:20160711183912j:image