読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の中の小さなコンサート

その日は雨が降る予定でした。

前日は大雨。テントがいるかも、と心配していたのたけど…

なんと、朝から信じられないような快晴。

これこそ、天の恵です✨


DAR VIDA(ダルヴィーダ)のS先生に先導されて、演奏会場に出掛けます。

f:id:Teresa:20160601024528j:image



着いたのは産山村にある明石農園

まるでターシャの庭のようです。

f:id:Teresa:20160531144107j:image


ここで、きょう、小さなコンサートが開かれるのです。


広大な農園の一角にある小さなピアノ小屋は、明石農園のご主人の保さんの手作りによるもの。

f:id:Teresa:20160531144650j:image


そこには廃校になった学校から貰ってきたピアノが、農園の奥さまに寄って大切に守られ、弾き手を待っていました。


ピアノが待っていたのは、ピアニストの重松壮一郎氏。


やっと、やっと、夢叶い…佐世保から訪れてくれたのです。

f:id:Teresa:20160531145046j:image
リハーサル中の壮一郎氏を見守る、重松氏の奥さまと娘のTちゃん。


ここの誰よりも幸せそうな農園の奥さま、みえこさん。

f:id:Teresa:20160601023809j:image

f:id:Teresa:20160601023958j:image
みえこさんが活けた花が迎えてくれます。

f:id:Teresa:20160601024117j:image


集まった20人近くの観客は、この小屋の向こうで、丸太の椅子に座って聴くのです。

f:id:Teresa:20160601024745j:image


演奏前にY子ちゃんとK子ちゃんと農園散歩。

f:id:Teresa:20160601024317j:image


いよいよ始まります。

f:id:Teresa:20160601024852j:image
ぞくぞくと集うお客様は、丸太の椅子を好きなところに持って席を取ります。


f:id:Teresa:20160601024952j:image
挨拶をする、SOSOこと、重松氏。


f:id:Teresa:20160601025100j:image
榎の木と桑の木に囲まれた客席に、

美しいピアノ曲が森に響き渡ります✨

この場の「気」に調和する生まれたての即興の曲。

眩しいほどの緑も、
木々の間から差し込む光も、
そよぐ風も、すべてが共鳴して一瞬にして、森は「音楽」に満たされました。

休憩を挟んで約2時間。
それはそれは、贅沢な夢のような時間でした。


終わったあとは、庭でのお茶会の始まり♡

f:id:Teresa:20160601025752j:image
 

f:id:Teresa:20160601025820j:image


みえこさんの手づくりケーキの他、持ち寄りのクッキーや、スコーンが並びます。

f:id:Teresa:20160601025922j:image

f:id:Teresa:20160601025909j:image


f:id:Teresa:20160601030022j:image
お皿は大きな葉っぱです。


f:id:Teresa:20160601025939j:image 
重松ファミリーも楽しそう♫


まるで物語のような時間と場は、すべて、明石農園のご夫婦が手掛けた優しい楽園からの愛の贈りもの。

ほんとうに至福のひとときに感謝の日でした✨