読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月の「風の家」

7月になりました(いや、すでに1週間過ぎていますが…(^^;;)


私ごとではありますが、先月の終わりにおめでたいニュースが届きました。

無事に、誕生!


なんと、ハンサムで凛々しいお顔でしょう☆

…って、女の子です(笑)


甥っ子の娘ですけど(笑)

彩葉(いろは)という可愛くて、詩のような名前が、付きました。

同じ時代、この世に生を受けただけで、彼女とはもう同志です。

楽しんでほしいなあ〜、この人生。


あ、ついでに(笑)、こちらも生を受けてめでたく8年目。


(小さな姪っ子です)


誕生日を記念して、彼女の希望で「風の家」に2泊しました。


(疲れを知らずどこまでも遊ぶ子ども)



(腹痛を知らずどこまでも食う子ども2人 (ーー;)


次回は夏休みに来ると張り切っております。

甥っ子も、娘を連れて行きたいと言ってます。

みんなが「ただいま」と「帰れる家」、それが「風の家」です。



そんな「風の家」も7月を迎え、ますます元気です、草が…。
梅雨前にきれいに刈った庭草も、梅雨の雨と時々晴れの日々に、勢いが一段と増しております。


相方さんは、先週も雨の中を草刈り。



(庭がきれいに散髪されました)



植樹にもハマってます(笑)





またまたモミジと藤の花、山桜、くぬぎなどなどをゲリラ植え。

来るたびに家より、真っ先に裏山に登っては、我が子のように木たちを愛でています。

この土地に相性のいいものが、生き残ってくれるでしょう。



(看板は裏山に移動)




「風の家カフェ」もおかげさまで、ご予約のお客様が、ほぼ毎週来てくださっています。

お電話いただく方、何も知らずに突然きてくださる方(たまたま居たら、開けますよ)。
お友だちとお二人連れの方、少人数のお集まりの方、皆さま駐車場ないことなんて、まったく気に掛けず、
「あ、じゃあ坂の上まであげていいですか〜」
「買い物があるから、スーパーに止めてきま〜す」
裏山通っていく人、坂の下に止める人、ありがたいことに、皆さんそれぞれ考えて、くださる。

ほんとうに、ますますいいお客様ばかりで感謝なのです。

イベントも始まります。

7月には、インドネシアフェア(インドネシア料理と雑貨と服を販売)

8月には、猫の写真と水彩画展

そして、9月は「こばやしゆう展」第2弾。
今回は、場所を森のギャラリーDAR VIDA(ダルヴィーダ)に移して開催です。

S先生との打ち合わせも着々と進んでいます。


(夕飯持ち込みで、雑談付き打ち合わせです(笑)



ますます店主本位な「風の家」になっていますが、それでいいのだと思っています。

まず、自分たちがリラックスすること。

だからこそ、みんなが来て居心地がいいのですから。

もうすぐ夏本番。

みんなの「夏休みの家」を、皆さま、お楽しみください。