読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々の休日

本来なら「風の家」営業日のはずの先週の週末。


土曜日(25日)のイベントをのぞいて、金曜日から休店になるので、さっそく、変わりゆく大分の街でひとり遊びしてきました。


金曜日24日は、うちの近くの県立美術館OPAM(オーパム)がオープンする日でしたので、ちょいと覗いてみることに。


わらわら人がいるかと思いきや、オープン1時間後だったせいか、人も思ったほど多くもなく、駐車場、駐輪場もガラ空き状態。
やっぱ、駅ビルのオープンとは違うか…
文化より経済の勝ちってことね。



(表玄関です)





(側面。関係のない首藤クンが借りだされています(笑))




中に入ると…こんな感じ。




上から見ると…こんな感じ。





(カフェと休憩コーナーです)





(作品や雑貨の展示販売コーナーです)



おおっー!
イツオカップ(高木逸夫氏)が、小鹿田焼きと一緒に並んで展示販売されとるやないかー!


つい先日、うちで作品展やっただけに、なんだか感慨深いものがありました。

それにしても、あの作品展、最後まで無事にできてよかったな〜
途中で駐車場使用ができなくなっていたら大変なことになっていたよ…と、しみじみカップを見て思う。



1階にはプールに見立てたなんだかわからないモノ(水面がガラス張りで上に立てます)があったり…




世界時計があったり…




しますが…正直、「だから、なんなんだ?」って気もします(笑)



これはオアシスまでの渡り廊下です。


(コンサート行ったりする時、これはちょっと便利かも?)




(外から見るとこんな感じ)




ちょっとカフェコーナーで休憩



(300円なり。味はローソンと変わりなし)


2階の展示室は、世界中からかき集めたピカソ、ダリ、モネ、カンディンスキーやらの作品が展示してるみたいだけど、それは相方さんと一緒に行く用に取っておいて、今回はパス!



ついでにチャリチャリこいで、いま大分でテンションの高い駅ビルまでお遊びに。

実は、今回で3回目。プレオープンにも友人のM氏と行ってきたというツリ上がり(大分弁)でして(^^;;





(友人M氏。ノリがいいのでツリ上がりにも付きあってくれるからありがたい)



東急ハンズでは友人のオーガニック商品が置いています)



(試食販売もしていました)




(ご多聞にもれず並びました 笑)



ちなみにこの日家に帰ると、急遽福岡出張を命じられた帰りにコストコ寄ったらしい相方が、こんなんをごっそり。
ツリ上がりは、ここにもいました。


(m&mは、相方の主食です)




そんな、久々の街遊びをしたあとの土曜日は、最後のイベントで大分で「びわ温熱」療法を開いている方が「風の家」に出張して、安価で施術して下さいました。


もう、痛いのなんのってハンパないわ!


(上の画像で足の長さが違っていた(左)のが、施術後には揃っています)


相方もやってもらいましたが、絶叫マシンさながらの悲鳴を上げておりました(笑)



すごく痛かったけど、肩は重いレンガを落としかのように軽〜くなりました。
その施術の方に言われた言葉に、ついホロリ。

「ずいぶん頑張って来られたんですね〜身体が疲れ過ぎています。カラダとココロがお休みを欲しがっていたんですね」



そう。わたし頑張ってたつもりは全然なかった。
楽しいからみんなが喜んでくれるから…
と、思っていました。

だけど、毎週の通いやら、お客様への気づかいやら、イベント時のプレッシャーやらで、小さな小さな疲れが蓄積していたのかもしれません。


それを心から感じたのは、翌日の日曜日。

いつもなら、早めに起きてバタバタと掃除をして、仕込みをして、花に水やり…などいろいろ準備をするところ。


だけど、ほんとうにほんとうに久々に「風の家」で過ごすプライベートな休日。

鳥の声のBGMが響く中、

ウッドデッキで、相方とゆっくりコーヒー飲んだり…




時間を気にせずちょっと仕事したり…




ああ、わたしこんな時間が欲しかったんだ〜ってしみじみ感じてしまいました。





これからはもっとプライベートな「風の家」になっていきそうです。


小さなイベントしたり、プライベートカフェを開いたり、友人たちを招いたり…


でもブログ読んでくださってる方で「風の家」に遊びにきたい方はぜひ、お電話くださいね。


可能な限り対応しますので。


店主はゆるゆると昼寝してるかもしれませんが…(笑)