読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「風の家」のカフェ休店

この5月で3年目を迎える「風の家」は、パブリックとしてのカフェ部門を今日を持ちまして、しばらくお休みします。



「風の家カフェ」をご愛顧くださった方々には、大変申し訳ありませんが、
実は、今までお借りしていた駐車場が諸事情により使えなくなったのです。


この田舎の家カフェで駐車場がないとなると、カフェをやっていく上では致命傷です。


ましてや周辺は住宅地。

コインパーキングや有料駐車場があるわけもなく…

探してみたのですが、なかなか空き地っぽい場がありません。

それでも昔馴染みのおばちゃんが、ご親切に「ここ使いよー」と庭先を提供してくださったりしたのですが…お客様に止めていただくにはちょっと狭すぎたり…


もう、お近くのスーパーかコンビニに止めて歩いて頂くしかないんですね。


でも、それではお客様にご迷惑がかかるなあ〜


さて、どうしよう?
相方さんと思案しました。


なぜか即、2人とも意見が一致。


「風に乗ろう」



と。



こういう風が吹いてきているということは、無理に風を止めるよりも、乗ったほうがいいのではないか?

新しい風を呼ぶためにも…


いつものわたしたちの軽〜い決定でした。


で、3年目にして、あっさり休店にいたしました(笑)



で、今後の計画ですが…


ゆるやかなサロンカフェ、ギャラリーになっていくと思います。



(懐かしき、昔の風景です)



そして1デイカフェ、1デイショップ、ワークショップ、ライブなど、人数限定の予約制プチイベントを行い、その際、カフェ部門も復活させます。



では、その際の駐車場はどうするのか?



実はですね、大きな声では言えないですが、ジモティーしか知らない公共の「駐車場」があるんですよ、近くに。

地元の方は皆さんも「あそこに止めりやあいいじゃん」と口を揃えて言ってくれます。



(10台以上はOK!)



前は公園です。



そこからうちの裏山を通って下に降りて来れるんですね。


(このあたりから我が家の私有地です)



裏山は、見晴らしがよく、なにより古墳横を通れます。




ただし、そこは山道。
うちは女性のお客様か多いのでヒールだとコケるし、木の枝が散らばっててストッキングを破いたりしかねない。

その上、見晴らしのいい小道は狭く、走り回る山から子どもが転げ落ちたりしたら大変!

それになにより、夏は蚊の大群が‼︎



それで、まず、これからやることは、裏山道の整備です。


草を刈り、散らばって放置している木か枝を集め、薪にする。

道には、マサ土を置くなどして歩きやすくする。

山際には花を植える。
日陰に強い彼岸花か、蚊を除けるハーブのミント、レモングラスカモミールなど。


今まで隠していた庭を通ってくることになるから、裏庭のポーチも倉庫前整備して、そこもきれいにして活用できたらいいね。


相方さんは、さっそく古かった庭テーブルをリサイクルしました(笑)



画して、裏庭、裏山プロジェクトが始まったのです!


こういうことをじっくりコツコツとしたかったという相方さんは、出張続きで、パン作りやケーキ作りに追われてなかなかできずにいたようです。


プロジェクトを手伝ってくれる友人もいて、なんだかこの先、ワクワク感が高まってきました。


わたしはやりたかった、宿泊B&B(Bed&Breakfast)を充実したいです。



それと、もう一つの特典が(笑)


週末営業のため、土日が、つぶれるので、ほとんど店の営業に縛られて、他の楽しそうなイベントに参加できなかったんですね。


それに参加も見学も自由になったのは、ほんとに楽しみです。


で、さっそですが、今回のGWに5月、4、5日に、「べっぷ駅前ストリートマーケット」に出店して、ベーグルと塩豚ベーグルサンドを販売します。


べっぷ駅前ストリートマーケット
https://www.facebook.com/beppustreetmarket


お近くの方はぜひ、きてみてください。



変化を恐れなければ、おもしろいことがどんどん始まるんですね。

行き当たりバッタリのわたしたちだから執着もなく、手放したら、新しい風が吹いてきました。


これこそ、行き当たりバッチリでしょうか?(笑)


最後に、カフェに来てくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。

3年もやって来れたのは、わたしたちのチカラではなく、ただただ、「風の家」を愛してくださった皆さまに支えられたからだと心から感謝しています。


もちろん、まだ、雑貨は置いていますのて、お電話で予約してくださればプライベートカフェもオープンします。

今後の「風の家」をお楽しみに〜♪