読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作品展から2週間過ぎて

前回のブログから、一ケ月も空いてしまった。


サボり過ぎにもほどがありましょう(^^;;


「器と織り 2人展」を無事に終えてからは2週間ぶりです。









18年ぶりのお二人共演の作品展とあってか、多くのファンの方々他、今回は「無風窯」「ぱたんこ屋」「風の家」が、初めてという方もたくさん来てくださって、ほんとうに嬉しかったです。

この春、退職する珈琲好きの先輩に送りたいと、長い時間をかけてコーヒーカップを選んでいた青年、
閉店間際にあの坂を乳母車を押して、夫の誕生日プレゼントの器を買いに来たという若いママ、
「これを来て明日職場に行きます!」と元気に染めのTシャツを買って帰った介護士の女性、
桜色のスカーフを巻いて「初めてこんな色を身に付けます」と嬉しそうに笑っていた女性…
それぞれの人生のかたすみに、手づくりの品が、ささやかな幸せを運んでくれたようです。

桜の絨毯となったあの坂を上って「風の家」を訪れてくれた皆さまに、心から感謝します。



この作品展を終えてからのわたしは、実は2日間、使いものにならず…やや腑抜け状態だった(笑)

とても楽しかったのだけど、どこかで知らず知らずに気を張っていたよう。



実は、ここ最近のことだけど、ある出来事を境に急転直下の出来事が起きていました。

でも、いまゆっくり振り返ってみると、なんだかいろんな意味で予兆はあったのではないかという気がします。

目の前で起こることはすべてが必然で、じぶんが起こしている現実だといいますが、まさにそんな感じがします。

「風の家」はいつの間にかじぶんたち主体ではなく、「風の家」主体になっていたのではないか?…と。
そんなことに気づかされた出来事でした。

人生、万事塞翁が馬です、ほんとに!



まあ、このへんの事情は後日お話ししますので、しばしお待ちを。



まずは、楽しかった出来事から先に。
ここから先はめちゃプライベートな記録です。

実は一昨日の「風の家」の定休日19日(日)と20日(月)に、相方さんが休みを取って宮崎まで、プチ旅行にいっていました。

宮崎は高速が通ったこともあって、今ホテルが格安なんですね!

最近相方も出張が多く、わたしも作品展のあとだったりしたので、ここいらで自分たちの休日を取ろうと、この際とばかり「シーガイア」に一泊旅行として、思い切って行ってきたのです。


高速通って大分から2時間ちょい。

でも日曜はあいにくの雨…



せっかくのオーシャンビューのホテルなのになあ〜とボヤキつつ、それでも超ルンルンのドライブでした♪


宮崎に近づくと、だんだん気温も暖かくなり、フェニックスも見えてくると、おおっさすが南国!って感じ。




で、2時間も過ぎると遥か向こう、霧の中から浮かんできたホテルが…

シーガイア!


ここはシェラトンが経営するようになって、リゾートホテルとしての評判がすこぶるいい。
さすがにお高いと思っていたものの…高速通ったおかげで今回は格安だったのです。
その上、日曜日泊まりなので通常の半額という庶民にはありがたい価格(*^^*)



(森のシーガイアゾーンに入ると、そこはもう別世界)



到着!




で、フロントに行ってみるとですよ、あと3000円足せば今ならエグゼクティブクラスの部屋に入れますというので、早速お願いしました。

ところ…なんとラッキーな!

この広い部屋が、2人で2万円!(笑)


ホテル内にはゴルフ場、サイクリングコース、テニスコート、散策コース、プール、温泉とすべてあるけど、なんせ陸の孤島。なので、ホテル内をあちこち散策して遊ぶことに。






でも、ホテルの高い夕食は避けて、夜は宮崎市内まで、名物チキン南蛮を食べに町まで出ましたよ。



(老舗だけあってさすがの味とボリューム!)


あとはホテルに、帰ってまったりしたあと温泉〜♪


(おいさん、まるで銭湯行くカッコやな)



翌日は残念ながら豪雨の予想…

だったのに…


ジャーン!晴れ女が晴らしました!




(25階の部屋の窓から観る眺め)


朝風呂入って、あとは朝食


と、お散歩して、





ホテルを出発!




あとは観光!


(青島、鬼の洗濯岩)



(神社)



(植物園)



一泊だけど、ほんとうにめっちゃ楽しかった〜♪


いい区切りとして、結果、いろんな意味でのお疲れさまとお互いをねぎらう旅になったと思う。