読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動く春

先週、初うぐいすの声を聞きました。

一度鳴いたら、何度も声を耳にし始め、どんなに風が冷たくても、春が近いんだなあ〜と感じずにはいられません。


庭の梅もこんなに。




自生の花も咲き始めました。








桜もそろそろかなぁ〜♪




久々に晴れた日曜日は、この方も活動開始です。




トントンと何を作ってるのかと思いきや、どうも簡易薪収納のよう。




もう、薪小屋はいっぱいですからね〜



来年の薪の収納を軒先に作っておかなければいけません。

お休みの日が、出張と重なったり、雨だったりで、庭に放置したままの大量の薪を処理しなければ、暖かくなったら腐ってしまいます。



お客様がいない間は、わたしも薪運びをお手伝いをします。



けっこう積み上がりましたが、まだまだあります。


けど、適当なところで止めて置かないと、それでなくても疲れている相方さんが月曜からまた出張なので休ませました。




そんな相方のちょっと遅い誕生日メシ会が、週末マンションで行われました。




(メインは焼きそば!)




(いつもの仲間たち10名。女子多しですが、男子も相方入れて4人です)



そして、バースデイケーキが登場!



毎回、なんか理由をこじ付けてみんなで持ち寄り、ただ食べてしゃべるだけですが、ほんと楽しい♪ 毎回楽しみです。



プライベートのイベントだけでなく、「風の家」では、20日から今年前期の最大イベントが始まります。


「器と織り 二人展」


大分でも、いえ、全国でも貴重な作陶家と手織り作家の夫婦。

それぞれが県内外で活躍するお二人の共演はなんと18年ぶり。

とにかく念願だったこの作品展に今、心血を注いでいます…ってのはオーバーですが(笑)、今そっちにエネルギーを注いでいます。


18日(水)は搬入、設営、花刺し、取材があり、関係者が朝から一度に集まります。
ディレクターのわたしはまとめられるだろうかって(なんせ個性の強い方々が一堂に会すのですから 笑)、ちょいと緊張気味です。


また、同時進行をしているのが、やはりわたしがプロデュースしている古墳本の完成が間近です。
これも今年度に間に合うように必死です。

もちろん確定申告も。なんせ初の青色申告ですから。



春はいろんなことが動きだしています。


とにかく目の前のことをコツコツやるしかないですね。

がんばらなくっちゃ。