読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日は美しいブランチから

わたしは人を招くのが大好きだけど、人からのお招きも好きです。

他所のおうちのリビングや、特に台所を見るのも好き♥


昨日は、ゆうこんちにランチのお招きにあずかりました…じゃなく、わたしの押しかけランチでした(笑)

ゆうこんちは、引っ越して近くなり、チャリで行ける距離でもあるし、新居は以前より広くなって居心地がいいので、おじゃまするのが楽しみです♪
相方さんの出張のときは、よくお泊りに行かしてもらっています。

やはり、部屋ってその人らしさが出るんですね。
ゆうこの部屋は、我が家のゴチャゴチャ感とは大違いで、彼女らしく、整然としていてクールでスタイリッシュ。

でも、ところどころにゆうこの趣味のものや、彼女の美学に反した両親の強制的贈り物(笑)があるのも、また、ゆうこの人生を垣間見るようで人間味が出で、楽しいです。

いくらきれいでもモデルハウスみたいな家って、なんか人間らしさを感じなくて面白みがなく、わたしはかえって落ち着きません。

余談ですが、いま、仕事させてもらっている住宅雑誌はカメラマンさんの趣味なのか、すべて整った生活感を排除した「絵」を作りあげてしまうので、なんか面白くないなあ〜といつも感じてしまいますが、まあ「憧れ」を作るためには、多少の演出も仕方ないのかもしれません。

以前、雑誌のフィガロが「美的に散らかす部屋づくり」ってのを2回に渡って特集していて、それがわたしの大の理想でした。

f:id:Teresa:20151130104606p:image
(今、アマゾンでは高値が付いています)


そこには、使いこなした木製のビックテーブルがドーンと置いてあり、その上にフランスパンやワインと一緒に、ノートや本や布のバッグなどが、それはそれは美的に無造作に置かれ、死ぬほど憧れたものでした。

そんな部屋作りをしている、クリエイターたちの実例も見せ、ほんとにその人「らしさ」が感じられる部屋で、何度見ても飽きなかったのを覚えています(なのにどこにいったんだ⁈あの本は⁇)



日曜日のブランチは、相方さんが早起きして焼いてくれた(なんと、日曜出勤の前に!)焼きたてベーグルを持って、「風の家」の塩豚ベーグルをゆうこんちで作りました。

ゆうこは急遽、スープを作ってくれました。
住まいが美しいだけでなく、盛り付けもきれいで上手なんです。

f:id:Teresa:20151130103212j:image
わたしはジュースで


f:id:Teresa:20151130103234j:image
彼女はフランス人のごとくワインで(笑)ランチョンマットはお母さんの手作り。かわいい♪


そのあと、お菓子つまみながら、「やっぱ日常が充実してるのがいいね〜」とか、「今が一番いいよね〜」とか、まったりおしゃべりしていたら、早目に切り上げた相方さんが帰ってきたので、ゆうこんちに来てもらいました。

厚かましくも、ご飯まで頂きました。

f:id:Teresa:20151130110627j:image
チャチャとゆうこ作の炒め野菜で


その後の日曜日時間は、相方さんと2人で楽しむために、そのままチャリで映画へ。

見た映画は、この日のために、2シーズン一気にテレビの録画で見ていた劇場版「MOZU」です。

結果は…

やはり…といおうか、ツッコミどころ満載の内容でした(*_*)

みんな不死身過ぎるやろ!
和彦、フィリピンまでの旅費はどうした!
伊勢谷、気取ってる割りに簡単に死ぬやん!
真木よう子、太っちょん!
だから東はなにがしたいん⁈

などなど…テレビ観ていない人には、なんのことかサッパリでしょうが、そんなツッコミを入れつつ2時間、楽しみました(笑)


終わったら、すっかり夜になり、クリスマスイルミネーションで輝いている街の中を自転車でコギゴキして家に帰ります。

f:id:Teresa:20151130112054j:image


そんな、充実した日曜日でした。