読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じいちゃん逝く

休日の朝、気持ちよく寝ていたら、義父(ちち)の電話で起こされた。

「じいちゃんが危篤」

「え? じいちゃん? ばあちゃんじゃなく?」
と、何度もきき返す相方。

そりゃそうだ。

少し認知の入ったばあちゃんは、何度も入退院を繰り返し、今も入院中だ。

だけど、マイペースで、寡黙なじいちゃんは、いつ訪ねても、静止画のようにテレビを見て、ひと言二言言葉を交わすくらいな人で、そのまま百まで生きそうに見えた。

そのじいちゃんがいきなり危篤とは…
人生わからないものである。


あわててパジャマを脱ぎ捨て、顔を洗い、車に飛び乗って、じいちゃんたちが住む町の病院へ急ぐ。

と、その途中、義父から再びの電話。

「もう亡くなったからあわてて来なくていいぞ」

覚悟はしていたけど、驚いた。

あんまり交流のなかった祖父だから、正直あまり感慨もなかったけど、やはりそれなりに少しショック。

相方をみると、彼も表情を変えず。

心筋梗塞かな? じいちゃん動かんかったし…」とか、つぶやいている。


さて今後のこと…と、なると…明日(4日)が通夜で、明後日(5日)が葬儀?

ガーンッ!
4日、原稿出しと打ち合わせ1件
5日、取材
6日、原稿出しと、11時に打ち合わせ

スケジュールが満載(^^;;

おまけに相方もまた、5日は出張が入ってるという。
これ行けないとなると、人員探しに大変だという。
だけどさすがに祖父の葬儀に出ないわけにも行かず…

こうなれば、もう天にお任せするしかないと、腹をくくる。
すべてうまく事が運ぶ事を、密かに祈りながら…

しかし、わたし達が駆けつけた頃には、すでにもう日取りは決まっていて、動かしようがなく、さて、どうやって仕事先に言おうかと思案していた。

ところが、ところがである!
なんと!お坊さんが来たとたん、状況がコロッと変わってしまい、もう通夜無しで明日葬儀のみをするというではないか(*_*)

結果、わたしたちは5日の仕事にも予定通り出れるようになったのだ。

いっやあ〜びっくりしたー!

簡素化するようになったとはいえ、田舎町で、通夜を無くすとは思いもしなかった(笑)
けど、おかげで、これで2人とも心置き無く明日、祖父にお別れができることになった。
これも、人に関わらず、迷惑をかけることを嫌がったじいちゃんの采配かもしれない、とそう思って感謝することにした。

f:id:Teresa:20151104075916j:image
(病院に駆けつけた姿のまま、葬祭場に行き、納棺まで行う。控え室も思い出話しで、なんだか和やか)

その夜、葬儀に備えて、午前2時まで原稿を仕上げてすでに準備は完璧!

心配なのは、坊さまのお経で眠らないかってことだけ…(._.)