読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒涛の2週間

すでに11月も1週間が過ぎようとしています。

2週間のご無沙汰です。

この2週間は、怒涛のごとく過ぎていったようです。

その間、なにがあったか?
順を追ってレポートいたします。


10/24日
追突事故!

「風の家」から作業を終えて帰る夕方、日頃の疲れがたまっていまのか、ぼうーっとして、一瞬、脇見したわたしが止まってる車に追突しちゃったのです!
しかも乗っていたのは若いご夫婦。

ショックのあまりしばらく動けなかったわたし。

これって人身事故です…

けど奇跡的に、そうはならずに済みました。

なぜなら、かなりの衝撃だったはずなのに、わたしも相手のご夫婦もかすり傷ひとつなく、無傷。
その上、被害者の方は追突されても怒ることなく、車から出るなり、震えて平謝りしているわたしに「お身体は大丈夫ですか?」と気づかうほどの良心的な方。

一応お相手には病院で検査していただきましたが、どっこも悪いところもなく、人身事故にはなりませんでした。

それゆえ、処罰もなく点数も引かれず、ゴールドのまま。

ですが、ミラジーノ君は、車検を終えたばかりだというのに、フロントがグチャグチャで無残な姿に変わり果てましたが…


(無残…ジーノくん)


もうさすがにスクラップかと思いきや…
主治医であり、名医である修理工のGさんに見せたところ、中古部品集めて何とかしようと、力強いお言葉を頂きました。

かつてイノシシから追突された時も、今回の事故でも小さなカラダで懸命に守ってくれたジーノくんなので、なんとか廃車にせず、助けたかったのですが…

そのお言葉通り、見事に手術をして保険内に収めて、元の姿に蘇ってくれました。


と、いうわけで、こちらもあちらのお方の修理代もすべて保険でまかない、手出しは一円もなし。

事故の翌日は何事もなかったかのように、「風の家」を開けておりました。

事故に会う前に上の神様に参ったこともあるのでしょうか?
ほんとうに守られていると感謝しました。
相手の方はもちろん、電話したら、すぐに駆けつけて夜中までいてくれたK子ちゃん、出張先から朝一で帰ってくれた、相方さんにもほんとうに感謝、感謝の日でした。


11/30日
補助金書類提出日

そんな最中に出した補助金の書類。待ったなしの本審査の最終日です。
そもそもこれを連日やっていたからの寝不足と疲れでもあったのです。


念には念を入れて、朝方まで見直して無事に提出。

提出した朝にはホッと一息いれて街でお茶しましたがな(笑)



11/31日
ハロウィンパーティー

そんな大変なときでも、やらずにはおられないんですね〜事故からまだ1週間だというのに(笑)

もう使命のようですわ。

金曜日「風の家」を終えて帰り、精霊がさまよう夜にやらかしましたよ。

みんなノリがいい連中ばかりでして…



(空飛ぶ魔女おばさんの宅急便)



(だ、だれだ…!)




(あ、指が…)



11/3、4日
2デイズショップ

「風の家」に出品しているハンドメイド作家さん3人の方主催で2デイズショップを開催。
お天気に恵まれたのでガーデンショップとなりました。


(朝から準備に勤しむ相方さん)



(どれもこれも手作りの良さが満載)




(みなさん、主婦でママさん作家さん)


テラスでは塩豚ベーグルの実演販売も。





超売れたため、相方さん2日間で80個は焼きましたね!

来年は「風の家」主催でガーデンマルシェをやろうと企てています。



11/5日
経済のレクチャー会

「風の家」ではときどき声掛けだけの隠れイベントを密かに開催しています。

今回は珍しく、経済のお話しをテーマにしたプチイベントでした。
その講師の方と愛媛からのお客様が一泊したんだけど、それはそれは楽しいお方で、イベント後の方が盛り上がってしまいました。



そんなこんな2週間でした。


この頃の「風の家」はほんとうに、みんながいろんな風に使う「風の家」に育っているようで、おもしろい。

訪れる人も、また濃いんだよね〜

来週もまたイベントあります。

今後も目が離せない「風の家」です。