読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

補助金監査、そしてダウン!

「風の家」は、只今創業補助金なるものを受けています。

創業事業のために多額のお金を国から頂けるのです。
おいしい話しとお思いでしょうが、いえいえそのおいしさは決してタダでは入りませぬ。
高い競争率を突破し、あらゆる書類を提出し、さまざまな厳しい審査を受けて、やっと現実に頂けるのです。
昨年の末に採択されて、早、半年。

いよいよ来ました!中間監査。
この中間監査とは、頂ける補助金の額を前持って金融機関から借り入れ、事業に必要なモノ、事に使った、そのための決まりごとの書類、証拠をチェックしに国から一任された地域の機関の方がやって来るわけです。

我が店は、23日の午後1時半から。

当日までの準備はそりゃあもう大変な作業でして。
なんせ一項目に付き、どれだけ集めるねん!ってほどの書類が必要です。
証拠の写真もたくさん!

相方はネット購入した分を印刷。わたしはそれをまとめてファイルに。
でも、ここで強力な助っ人登場!
我が家の新スタッフはなんせ元市長秘書。
小難しい要項をサッと読み取り(公文書は慣れているようで)、ここにはこれが必要、ここが抜けている、ここは順番通りじゃないと…と次から次へと指摘。インデックスまで買ってきてくれて、きれいに貼ってくれて、いっやあ、さすがです。


(一番困難な人件費を担当してくれた)


そしてわたしは、ファイルや写真貼りなどの詰めなど、細部に渡るまで、結局前日朝5時まで起きてチェック。







ここまでやって後は野となれ山となれ…
そして迎えた中間監査。


暑い中、来て頂いた担当の方3人の方と支援機関のIさん。
皆さん大分県内を回っているようで、お仕事とはいえ、ほんとうにご苦労様。頭が下がります。

念入りに見ていただいた結果、チェック箇所はあるものの、頂いたお言葉は、
「トップ3に入るほど優秀です!」
しかも、K子ちゃんが担当していた人件費は、「パーフェクトです。今までここまでやってる所はありませんでした!」とのこと。


K子大明神様のおかげです! わたしも朝まで粘った甲斐があったというもの。
あとは9月の最終監査に向かうのみ。


ホッと一安心したところで…ダウン!




したのは、相方(笑)



仕事ヒマになったからと半休取って、午後炎天下の中、またまた自転車で遠乗り。
で、夕方から寒気がするというので熱測ったら9度!

こりゃ熱中症だと、夜、救急外来へ駆け込む。




(採血後、点滴打ってます)



尿、血液検査の結果、脱水症状は出ていないので熱中症ではないが、細菌にやられている可能性ありとのこと。

このまま熱が下がらない場合はもう一度検査をとのこと。
会社を休んで安静のしていたら、しばらく下がらなかった高熱が今日やっと下がった。

原因はわからないのが心配だけど、休める時にはゆっくり休んでくださいな。



そんなこんなの今週でした。