読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のサイクリング

健康のために始めた相方の自転車通勤。
痩せたかどうかはさておいて(笑)、相方はすっかり自転車の魅力にハマってしまったようだ。

朝、雨が降って乗れなくなるとガッカリするほどに。

先日も早めに帰ったからと、夕飯前に1人で高崎山近くの田ノ浦ビーチまで走りに行った。

昨日も帰宅後走ってくるというので、「いいな〜」とつぶやいたら「じゃあ、一緒に行こうよ!帰りになんか食べればいいじゃん」
「それイイね〜」
と、また軽いノリでカンタンに決まり(笑)、夜7時過ぎから田ノ浦ビーチまでツーリングへ。


昨日は蒸し暑かったものの夕暮れからは、涼しい風が吹き、海に近づくに連れ気持ちよさと、美しい風景が増してきた。
別府に続く海沿いの道、10号戦は自転車用と歩道が広く確保され、走っていてとても快適だ。
とはいえ相方はクロスバイクだけど、わたしはミニチャリ。
着いて行けるか心配だったけど、相方からピューッと抜かれながらもマイペースでこいでいたら、整備された海岸通りと心地いい海風のおかげでスイスイと走れた。



(自転車用の歩道橋から見た風景。大分側)




(こちらが別府側)



早くもビーチに着いた相方は公園内を端から端まで往復して、なにやら楽しそう♪





わたしもこのミニチャリで後に続く。




近くにあるけどあんまり来たことなかったが、人工とはいえ、この公園はとても気持ちいい。

駐車場は無料。水泳もできて、板張りの歩道にベンチが点在し、パームツリーが風になびいている。




冷房完備のガラス張りの休憩室にはトイレや自販機、施設内外に椅子とテーブルも備わっている。

ここでしばし休憩。



闇が深まり、別府の夜景が輝き始める。



暮れ始める夕闇の中で、潮風に包まれながら、なんだかとても満ちたりた気分だった。

「幸せだな〜」とつぶやくと、相方が「幸せだね〜」と答える。

家があり、仕事があり、友人がいて、共に過ごす人生の同志がいて、こんなにも豊かな環境の中でいい時間を持てる。

これ以上、なにを望むことがあるだろう。

今ここでこうやって生かされ、ここにいることが、完璧なことのように思えた。

車のように前だけ見て突っ走るだけでは、見えないものがゆっくり見えてきた。

そんなとても大切なものに改めて気付かされた、夜のツーリングだった。


追記

帰りのトンカツ屋で、相方はご飯4杯お替わりした。彼がこれ以上ないほど至福だったのはいうまでもない。