贅沢なミーティング

今、動いているプロジェクトの映像お披露目のため、Nプロデューサーの元、映像作家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、カメラマン、ライター、彫刻家と、総勢7人が、なぜか我が家に全員集うことになっていましたが…

 

急遽、日程が変更になったため、ウェブデザイナーと映像作家が来られなくなり、いつもの馴染みのメンバーだけになり、ホッとしたわたし(笑)

 

それなら、ついでにランチも兼ねようということになり、料理上手なNさんのお手製ランチになりました。

 

わたしもサラダのみ2種類。2人でいつものようにキッチンに立ち、ワチャワチャバタバタと昼支度。

 

昼間っから、なんと豪勢なランチ✨

f:id:Teresa:20190911000532j:image

 

アクアパッツァと手作りトマトソースのパスタは絶品!
f:id:Teresa:20190911000538j:image

 

「こんな贅沢過ぎる…」と何度もつぶやくSデザイナー(笑)
f:id:Teresa:20190911000535j:image

 

この後、みんなで試写会を。大分出身でこれからカナダに移住する若手の映画監督、こだわりの作品はコンセプト通りに完成。

 

プロジェクトはここからが始まり。

これを見ただけで、すでに良いものができる予感大です。

 

今後の具体的な打ち合わせが進んだわけではなく、

ただみんなの「気」を合わせただけでしたが、これだけで充分な気がします。

 

こんな贅沢なミーティングなら、何度やってもイイね!とみんな。

 

デザートはヨーグルトアイスに、葡萄のコンポートがけ、と、相方の渋皮煮。
f:id:Teresa:20190911000527j:image

渋皮煮は美味しい!と大評判。

 

前夜作っていたのは、みなさんへのお土産も含めてらしい。瓶詰めにしてプレゼント。

f:id:Teresa:20190911001632j:image

 

3人とも大喜びの記念写真(笑)
f:id:Teresa:20190911001630j:image

 

美味しいだけでなく、喜ばれる「道楽」です。

「風の家」メンテナンス

上半期はお休み中の「風の家」に、日曜日に行って来ました。

 

イベントやっていない時は、月イチで「風の家」に風を透しに行っています。

 

全ての窓を開けて、郵便物を集めて、榊を替えて

外回りなど変わりないかを見て回ります。

 

今回は消防車から言われた消化器設置と、台風やら大雨が降っていたので、雨漏りする原因の瓦をチェックすることも目的。

 

前回わたし一人で来た時に雨漏りしていたので、雨漏り対策して帰ったのがこれ。

f:id:Teresa:20190910231130j:image

バケツには雨がけっこう溜まってた。

 

天井はまるで壁画のような模様が…(^^; 

f:id:Teresa:20190910231251j:image

 

屋根をチェックする相方

f:id:Teresa:20190910231132j:image

雨漏りしてた屋根が凹んでいたそう(*_*) 

 

次は電柱に登ってチェック。暗くなっても街灯が付かないので点灯管を交換。

f:id:Teresa:20190910233233j:image

「これで灯りつくかなあ?」と相方。

 

家の中では、チュー公や謎の小動物が生息している模様なので、ネズミ追い出しスプレーをまんべんにかけて

 

家の周りは、ツタが侵略しているのでとりあえずバシバシと切っていく。

 

倉庫の戸が外れていてもう閉まらないと、相方。

 

やれやれ…

 

「家」を維持するのも大変ですが、まあ、こうやって月イチのチェックしておけば、なんらかの対策が打てます。

 

誰か管理人として住んでくれればもっといいけどね〜

 

 

この日は残暑が厳しく暑かったので、作業して帰り着いた時には、すでにぐったり…

 

のはずなのに

相方さんはいそいそと「川の駅」で買ってきた栗で渋皮煮作りの準備を始めましたよ。

 

コツコツと皮剥きし、

f:id:Teresa:20190910234547j:image 

 

丁寧に洗って
f:id:Teresa:20190910234550j:image

 

何回も煮てアク取りし
f:id:Teresa:20190910234557j:image

 

完成!
f:id:Teresa:20190910234601j:image

ご飯をチンして食べるのも面倒くさがる人が、なんでこんな厄介な面倒くさいことを毎年やるのか、まったく不思議ですが、

相方曰く「道楽」だそうで。

 

今年もラム酒入りの絶品渋皮煮ができました。

f:id:Teresa:20190910234701j:image

 

いい道楽です。

 

 

 

 

 

幼馴染みの夢

昨日のお昼前、ちょうど出掛ける前だったんだけど

 

突然、幼馴染みのY子から電話がかかってきた。

 

確か、今年のお正月に会ったきり。

 

彼女はわたしより2歳か3歳年上で、わたしが3歳の頃からずーっと付き合っている唯一の幼馴染み。

 

萩尾望都アガサ・クリスティーも彼女から教えてもらった。

注・彼女が先に買った「ポアロシリーズ」の一冊をわたしが先に読んで扉に犯人の名前を書いたという、あの伝説のエピソードの犠牲者だ(爆)

 

若い頃、2人でいるときは、いつもくだらない話しをしながらアガサ・クリスティーのビデオやらを見て、なんとも言えない至福な時間を過ごしていた。

 

彼女は、今、実家の年老いた母を診ながら、実家から1時間先の町に、ウツ病の夫と年老いた義母がいる嫁いだ家を往復しながら、全員を一人で抱えて世話をしている。

そんな状況だから、めったに会う機会はないのだけど、そんな彼女からの突然の電話だった。

 

「ちょっとあんたに伝えておきたいことがあるんよ」

という硬い声にわたしも少し緊張。

もしや、ガンとか余命の告知では?とそんな妄想が一瞬頭をよぎった。

 

けど彼女が言った言葉は、

「わたしには夢がある。叶う叶わないは別として、その夢をあんたに伝えておかなければならない」

 

「は?夢? 」この歳で夢を語る?(笑)

 

その夢とは…

 

「全員がいなくなったあと(つまり夫、義母、実母が死んだあと)、わたしはあんたと暮らすから。

うちの実家か、あんたの実家か、もしくはそこのマンションでも、どこでもいい。K雄さんがいてもいい。あんたと暮らして、あのわたしの人生で一番楽しかった時間をあんたと過ごすから。

それを夢と希望にしてわたしはこれから生きてゆくから!」

と、青年の主張ばりの夢宣言!

 

って…(^^; 

おいおいおいおい…

「その時はあんた100歳になっとるわ! なんでそんな歳まで待つ必要がある⁈ 楽しいことは今やればいいじゃん」

と言うわたしに彼女は即答。

 

「そんなことはとても無理!現実はそんな状況じゃない」

 

私「その現実を作り出したのはあんたやろ?」

 

Y子「そう、その通り」

 

私「自分で作った現実なら自分で変えられるやん。月の1日でもいいから、自分の時間を作りなよ❗️わたしはいつでも付き合う。夢はすぐ叶うやん」

 

それでもY子は、頑なに言い続ける。

「1日わたしの時間なんて、ありえない!そんなのとても無理。わたしが病院に行くのさえ、誰かに頼まなくてはならない」

 

「頼めよーー❗️ 金払ってでも頼め!自分をないがしろにすな!」

このわたしの雄叫びに耳を貸さないY子。

「わたしだけ楽しむなんて、ウツでモラハラ夫がそれを許さない、認知が入った母に他の人は無理…」

と、「無理」のオンパレード!

 

この先、生きてゆくのに、わたしと過ごしたあのお気楽な楽しい時間を再現することだけが、希望なのだ、と。

 

それ、悲しすぎる… (ーー;)

 

人は意識しようがしまいが、自分で選択した通りの現実を作る。

この現実が彼女の望みだとしたら、わたしはもう口を出すこともない。

 

「ちゃんと伝えたからね、どこでもいいからあんたと暮らすんだから、長生きしててよ」と彼女。

 

わたしは答えた。

 

「わかった。掃除はあんたな」

 

とたん、電話の向こうで吹き出す彼女。

幼馴染みから、やっと笑い声がもれた。

f:id:Teresa:20190904130239j:image

 

 

 

 

9月になって。

すでに夏休みは終わり、月曜からは新学期が始まります。

 

はるか昔のことなのに夏休みが終わり新学期が始まると思うと、子どもの頃の憂うつ気分を思い出します。

 

このブログの一番最初に書いた記事も毎日が夏休みの終日 - スローライターの気付き

 

子ども心にハタと気づいた。

もしかして、夏休みは永遠ではないのか?

これからもずっと朝起きて学校に行き、大人になったら会社とかに行く日が続くのか?

愕然としたあのショックは忘れない。

 

これがわたしが自由業を目指した一番の理由だったかもしれません(笑)

 

最初の記事から、わたしのブログは14年続いていますが、

13年毎日欠かさず続いていたDAR VIDA(ダルヴィーダ)のみなさんゴキゲンヨウ。 - 久住高原 DAR VIDAから - Yahoo!ブログが美しいヒゴタイの写真とともに閉じました。

 

わたしのような、ヒッチャカメッチャカな文章で気まぐれな投稿ではなく、

誰かが「まるで修行僧のようだ」と言っていたまさにその通り、毎日毎日コツコツと詩のように美しい写真と文章で、久住の暮らしを綴っていたブログは、どれだけ久住という地に貢献したかわかりません。

 

そこにただ在る、丁寧に一日を送る。

 

その在り方、生き方を発信するだけで、これだけの力を持つのだと改めて思わせてくれたS先生に感謝です。

 

ただ今後、S先生と猫の生存確認ができないことがチト心配ではありますが…(笑)

 

 

わたしはまだダラダラと備忘録的ブログを綴っていくつもりですが、

山口のSちゃんから、「『スローライターの気づき』は長く続きますように」とわざわざLINEを頂くほど、こんな希少な読み手がいることにも感謝です。

 

 

さて、9月の1日。

夏休みの返上とばかり最近は土曜休日なしの相方さんですが、日曜日は休めたので昼からスーパーへ。

 

家から離れた所に最近できたスーパーがPayPay使えると相方が調べて(PayPayがあるところにはどこまでも行く)、わざわざ遠出を。

 

その前に、スタバブランチ〜♫

f:id:Teresa:20190902113314j:image


f:id:Teresa:20190902113317j:image

「K子さんが淹れたコーヒーの方がうまいなあ〜」と相方。わたしではなくCUISINARTが淹れてますけど(笑)

 

最近、ちょこちょこ買いをやめて週末にまとめ買いするようになって来ました。

以前はメニューを決めて足りないものを買って来てたんだけど、どうしてもつい他のモノまで買ってしまいムダかも?と思ってこのまとめ買いを只今実験中。

冷蔵庫に買ってる野菜やお肉から、メニューを考え出すのはなかなかクリエティブでおもしろいです。

 

で、まとめ買いのついでに、急遽メシ会しよっかとなりまして。。

 

そしたら相方さんも久しぶりに作り始めました。

f:id:Teresa:20190902121511j:image

 

今夜のメニューは、ひさびさの瓦蕎麦〜❗️(安売りでした(^^)v)

f:id:Teresa:20190902114846j:image

 

今回のメンバーはEつんとM氏。

f:id:Teresa:20190902115028j:image

みんなで集えば話題は豊富に。久しぶりの楽しいおしゃべりで賑やかな食卓でした。

 

帰りのお土産はベーグルで
f:id:Teresa:20190902115032j:image

 

変わりない一日だけど、変わりある楽しみを見つけるのも、これまた楽しみです。

 

今朝のブランチはスタバよりイケてました(笑)

f:id:Teresa:20190902115436j:image

 

 

 

盛夏の終わりに

あと1日で8月は終わりです。

 

ここ最近、まるで映画「天気の子」のような(笑)連日の雨でしたが、昨日、今日と久しぶりに晴れ間が見えました。

 

久々にお洗濯ものを外に干せたー!

昨日と

f:id:Teresa:20190830093340j:image

 

今日も

f:id:Teresa:20190830110747j:image

 

観葉樹も日光浴✨

f:id:Teresa:20190830093414j:image

 

我が家は相方さんが雨の日もチャリこいで毎日汗だくで帰宅してくるし、わたしのジム用のスポーツ着などがあるので、毎日のお洗濯は必須!

雨の日はシワになりそうな服は1時間だけ乾燥機にかけて部屋干し。他のタオル、ソックス、下着類は乾燥機にかけます。

ほんと、乾燥機さんには助けられています。

 

この涼しいまま夏が終わるとは思えないけど、どうやら盛夏は過ぎているよう。

南北の窓を開けているだけで秋っぽい風が通ってくれます。

 

先日行った「風の家」も老木ながら、柿がたくさん。秋は豊作だ〜 (^^)v

f:id:Teresa:20190830094040j:image

 

だけど…

 

家の中は雨漏りもたくさん( ; ; )

f:id:Teresa:20190830094145j:image

いつも漏る同じ廊下の天井がシミだらけ。台風で瓦がズレたみたい。

また相方に屋根に登ってもらわなきゃ!

 

 

そんな昨日。お友達のプロデューサーさんが久しぶりに訪ねてきました。

f:id:Teresa:20190830094549j:image

(彼女の住んでいるT市はもう朝晩寒いそうだよ)

 

お茶しながら彫刻家の夫との近況と、プロジェクトの進展ぶりの嬉しい報告も兼ねてのおしゃべり。

f:id:Teresa:20190830094622j:image

 

プロデューサーって、ザックリ言うと

企画して、それに見合う人員集めて、お金を集めるのがお仕事なんですが…

彼女の場合、あんまりお金にもなりそうもない(笑)けっこうな雑用を進んでやっているのでいつも忙しそう。

しかも、損得ではなく、自分の直感と感性を重視して動く。

 

わたしはだからこそ、この人が信頼できるのだけど、そこを信じられない人は多分、着いていけないだろうと思う。

一緒に仕事をしていてもそんな人は彼女もわかるそうで、そういう場合はビジネスライクの金銭で対応するという。

 

人がなんと言おうが、間違っていようがなかろうが、自分に嘘をつかず、自分らしさからブレない限り、彼女のやることは上手く運んでいくと、わたしもまたなんの根拠もなく(笑)直感で信じているから、彼女からのオファーは必ず受けることにしています。

 

どうなるかわからない、その方がおもしろいしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を愉しむには

近年のわたしに来る仕事は、楽しい、おもしろい仕事が多いけど、今回、オファーされた仕事は、補助金受けた企業の事業成果集で見るからに、

これはおもしろくねえだろうな、ってのがすぐわかった。

 

だから、見積もり高く出したんだけど、これが通っちゃって… (^^; 

古くからの知り合いのデザイナーさんからで泣きつかれたこともあり、受けたんだけど…

 

これがなかなか動かず、やっと動き始めたと思ったら、

「すみません!クライアントからの要望で大きく方向転換しました」と。

 

見本見ると、紙面が雑誌風になってる。

 

デザイナーは頭抱えてたけど、わたしは、

なにこれ、おもしろくなってんじゃん!

って思った。

 

デザイナーは、今、他の仕事持って手いっぱいだから、

「スタッフ集めないとできません。誰かいませんかね」と丸投げしたそう。

 

なら、わたしの好きな人集まればもっと楽しくなるじゃん!

と、引き受けて、ダメ元で大好きなカメラマンAちゃんに声を掛けてみる。

売れっ子だけど、「K子さんの仕事は最優先しますから」と嬉しいことを言ってくれOKもらった。

 

デザインは、御大デザイナーS先生にはさすがに頼みにくく、その息子デザイナーY君にオファー。

ライターは昔から気心の知れたSさんに頼むことにした。

 

そこで、ファミレスでメンバーの初打ち合わせをしたら…

なんと全員かつて仕事で組んだことのある知り合いでしたよ(笑)

f:id:Teresa:20190824103635j:image

考えたらわたしを含めてライター2人、デザイナーY君は、S先生の事務所の卒業生組みだわ(笑)

とたん、打ち解けてやんややんやの打ち合わせなのか、雑談なのかわからない状態で…

 

グループライン登録したら、こんな挨拶ばっかで…

f:id:Teresa:20190824104709j:image

いや、ゆるくていいわ〜(笑)

 

デザイナーY君ちの事務所に行くともっと楽しくて

f:id:Teresa:20190824105047j:image

わたしの古巣が今…

 

Y君使用で
f:id:Teresa:20190824105045j:image

めちゃ楽しい場所になってるーー❗️

f:id:Teresa:20190824105839j:image

 

御大は森に、オフィスを継いだ息子は独自路線を築き、それぞれの居場所を作っているようです。f:id:Teresa:20190824105051j:image

(ディレクターT氏も懐かしがってたオフィスで打ち合わせ)

 

こうやって楽しい仕事を待つのではなく、自分が主となれば、仕事はいくらでも楽しくできるんだと改めて実感!

 

 

我がオフィス(笑)の月1の校正のお仕事もまたしかり。

長年のスタッフ2人が自身の仕事後に来てくれて、毎回楽しんでくれています。

 

夕飯、おやつ、おしゃべり付き。

夕飯作りもわたしの仕事ですが、メニュー考えるのも楽しみ。

f:id:Teresa:20190824110226j:image

この日は、トマトドライカレーで


f:id:Teresa:20190824110236j:image

ノー残業デーで早い帰宅の相方も夕飯参加

 

同級生のEちゃんとMちゃん、こんなリラックス状態でお仕事?

f:id:Teresa:20190824110230j:image

月1の再開で仕事よりもおしゃべりで盛り上がってます。

 

 

 

わたしのキッチン道具

先日のブログで役割り分担で家事担当とか、エラソーに書いたけど…

 

今朝、ちょい寝坊して起きたら、

相方さんはサッサと起きて(いつもわたしより早起き)、

すでに神棚の榊のお水替えて、

家中のゴミを集めて(今日はゴミ出しの日)、

じぶんでパンを焼いてコーヒー牛乳飲んで朝食まで済ませておりました。

f:id:Teresa:20190820142117j:image

 

まあ、基本何でもできる人なんで、わたしを起こすより、じぶんで全部やった方が早いってことよね。

 

お弁当をいらないっていい出したのも、わたしがあまりにも作るのが遅くて遅刻しそうだったからのよう(笑)

 

 

そんなわたしは、自他共に認めるモノ好きです(前後なんの脈絡もない 笑)

 

生活するのに、なんの役にも立たない雑貨も好きですが、

生活、特にお料理に役立つキッチン道具も、また大好きでして❤️

 

かっぱ橋道具街やら、東急ハンズやら、クロワッサンなどで、いろんなキッチングッズを見たりするのが大のお気に入り。

 

雑誌や海外の料理番組でもキッチンやそのグッズを見るのも好きって…

いったいなんなんでしょうね?

f:id:Teresa:20190820135555j:image

(お気に入りナイジェル・スレーターの料理番組)

 

じぶんでも謎です(^^; 

 

気に入ったものは、もう十年以上も使っていますのでちょいと紹介しますね。

 

これなんか年季入ってる!

f:id:Teresa:20190820140818j:image

この柳宗理の小さな鉄のフライパンは15年くらい愛用。

お弁当作りに活躍しましたが、今も卵焼きや少量の揚げ物とかにも使っています。

使い勝手が良すぎて、取っ手が外れそうだけど手放せない。

 

このミルクパンも10年以上使い込んでます。
f:id:Teresa:20190820140814j:image

ミルクパンだけど2人分の味噌汁鍋にぴったりなんで、もっぱら味噌汁専用です。

f:id:Teresa:20190820141137j:image

 

こちらは無印のヒット商品、シリコンスプーン。

炒める、混ぜる、取り分けると、万能スプーン。

しかもテフロン加工のフライパンを傷つけない。

何人かにお誕生日プレゼントとして贈って喜ばれています。

f:id:Teresa:20190820141320j:image

 

こちらは2台目の平和式圧力鍋。玄米やカレーがアッという間!

f:id:Teresa:20190820141908j:image

圧力鍋は、もうずーっと、これのみ。

 

こちらのグッズは東急ハンズで買ったものですが、これが便利なんよ〜!

大、中、小あって

f:id:Teresa:20190820144624j:image

 

重ねられて収納できるし、
f:id:Teresa:20190820144632j:image

 

食材を入れるのも、ザルになってるから水切りもできて耐熱なんで紙敷いておけば、揚げ物も入れられます。
f:id:Teresa:20190820144629j:image

 

この小さな道具は100均だけど、これがちょい使いにとても役に立ちます。

f:id:Teresa:20190820145010j:image

 

そして、最近のヒット商品はこれ❗️

f:id:Teresa:20190820145159j:image

山口旅行の際、なんでこんなところに?って山の上に、とてもセンスのいい雑貨屋さんがあって、そこで購入したもの。

ザルは可愛くて安くて即買い!

ザルはなんと300円!ホーロースプーンは600円で2つで1000円以下。

 

このザルは取っ手が付いてるし、円が広くて平らで、穴も小さいから、茹でたそうめんはもちろん、野菜洗うのや、茹で野菜やらにすごく使いやすくて、もう帰った日から大活躍♫

ホーロースプーンも取り分けたりするのに、大きさもぴったりで、これも重宝してます。

 

あと、これも最近購入。

f:id:Teresa:20190820150049j:image

なんだかおわかり?

垂れないハチミツディスペンサーなのですよ。

 

はちみつを下からこうやって…

f:id:Teresa:20190820150802j:image

 

垂らします。

f:id:Teresa:20190820150821j:image

 

相方さんが台湾から買ってきたハチミツの小分けにできるので、すごく便利。

こういう道具って「必要」で買うのでなく、「楽しい」から買います (^^)v

 

それが証拠に、料理好きの主婦や、日々の食事作りに追われる主婦は、道具とかあまり持ってなくて、いろんなもので代用してるみたいです(わたしの近い料理上手な友人たちに限ってですが…)

きっとお料理作るのが好きだったり、ルーティンだったりするから、道具やモノに頼らなくても、二の次なんでしょうね。

 

わたしは道具が好きで、目的はお料理をイージーに、楽しくするためなんで…笑

遊び道具のようなもんでしょうか?

 

器とかも、その日の気分やお料理によって、お気に入りを使うと、それだけでなんか1日が嬉しくなります。

 

f:id:Teresa:20190820190153j:image

今朝はフルーツティーを大好きなアンティークのリモージュティーカップで頂きました✨